スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
復活
2016/10/04(Tue)
さて、実は就職活動に入りしばらくお休みをいただいていました。
そろそろ落ち着くので、またばりばり更新していきたいな、と思っています。

ひとまず本日は予告まで。
スポンサーサイト
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
契り(24時間テレビを観て思ったこと)
2016/08/31(Wed)
こんにちは。まなとです。

「初めて同性に恋をした話」の続きを書こうと思っていたのですが、
その前に1つ書きたいことができまして。
少しばかり違う話を。


先日の土日は、毎年この時期恒例の24時間テレビでしたね。
まなとは出掛ける予定があったこともあり観てはいなかったのですが、
家族がつけていたので合間合間で時々目には入っていました。

その中で、「末期癌の男性と結婚した女性医師」の映像があったんですね。
2人の様子に、悲しみと温かさと、感情が綯い交ぜになるような複雑な想いを抱きながら、
幸せの形は本当に人それぞれだなと思って観ていました。

ただ、それを観てふと改めて実感させられたこと。

聞かれて、「やっぱり最期の時に傍にいたい」と、だから結婚を選んだと言った女性医師。
男女なら、その選択肢を選ぶことで、最期にちゃんと傍にいられるんですね。

でも、同性同士では、それは現状なかなか難しい。
法律的な明確な制度の面でも、心情的な理解の面でも。

正直まなとも若い頃は、
「別に結婚なんてしなくても、相方と2人幸せに過ごせればそれで充分なんじゃないの」
と思っていました。
でも時を重ねてくると、やっぱり人って変わるんですね。
相方の体が弱いせいもあってやたらリアルに感じるのかもしれませんが、
もしも何かあった時に、堂々と傍にさえもいられないという、この現実。
それが最近、地味にじわじわと胸を締めつけるのです。

だから何というわけではないのですが。
みなさんにも、もう1度気づいて、知っていてほしくて、書いた話。




悩み迷っている人が、1人でも多くここに辿り着いてくれることを願って。
もしよろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初めて同性に恋をした話 その1
2016/08/22(Mon)
こんにちは。まなとです。

また少し間が空いてしまいました。
実は今、転職のための就職活動中なんです。
「同性カップルの生活費 その2」の反響が良かったので、仕事や収入に関してなども
そのうちもっと書いていきたいなと思っています。

さて、今回からしばらくは、予告通り同性である女の子に対しての初恋の話を
書いていきますね。


女の子への初恋は中学2年生の頃だったと思います。
思います、と曖昧なのは、その子のことをいつから恋愛として好きだったのかが、
自分の中でもあまりはっきりしていないからです。
でも、中1の時に、好きだった男の子のことがいじめっこにばれて、
クラス内でからかわれて大変だった苦い想い出があるので(笑)、
中1の終わりくらいから中2くらいの時期だっただろうと思っています。

相手は同学年の女の子でした。
中2の時は同じクラスだった、はず(記憶の劣化がひどい(笑))

彼女は小学校の高学年になってから転校してきた子で、実は小学校も同じでした。
名前がとても珍しかったので、同じクラスになったことはなかったのですが
名前のインパクトだけで存在だけは認識していた、といった程度の存在。
それくらい珍しい名前だったので、今もし本気で探そうと思ったら、
きっと見つかるんだと思う。

何がきっかけだったかな。
やっぱり好きなものを話したことがきっかけだった気がします。
波長というか、会話をしている時や一緒にいる時の空気感がとても心地好くて、
帰る方向が同じだったこともあり、どんどん仲良くなっていきました。

今の相方は初恋の人ではないので、彼女とは結局別れたわけですが。
そこへ至る過程がちょっとドラマチックだったので、それはまた続きで書きますね。

ただ今思えば、どうして彼女の苦しみをちゃんとわかってあげられなかったんだろう。
どうして、自分のことしか考えられなかったんだろう。
と、ずっと後悔している最後だったのです。



悩み迷っている人が、1人でも多くここに辿り着いてくれることを願って。
もしよろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ

この記事のURL | 昔のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏バテと花粉症には気をつけましょう!
2016/08/15(Mon)
こんにちは、まなとです。

ううぅ…。
またまた間が空いてしまっていますが、どうも体調が良くないのです…。
勝手に夏バテだと分析していたのですが、相方と話していて突然に

花粉症

という説が!

え!?
今の時期だと何の花粉!?

まなとは考えもしなかったのですが、花粉症ベテランの相方はさすがでした(笑)
言われてしっくりきた。
何年か前に1度チェックしただけのアレルギーチェック、もう1度やろうかな、と考えています。


さてさて。
そんな状態ですが、書きたい!
ので、次は「初めて同性に恋をした話 その1」を書こうと考えています。
別につくっていないのですが、結構ドラマチックだったと思っているので。

ぜひお楽しみに!(花粉症テンション)




悩み迷っている人が、1人でも多くここに辿り着いてくれることを願って。
もしよろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
セクシャルマイノリティの自覚 その4
2016/08/08(Mon)
こんばんは。まなとです。

ここ数日は、なかなか更新が厳しい状況でした…。
書きたいと思ってはいるのに、こんなことではいけない…(´・_・`)
決して義務になっているわけではないのでそこはご心配いただかなくても大丈夫なのですが、
自分で決めたことを自分で実行できないとへこんでしまう柔軟性のなさ。
自分の中の変えていきたい部分です。


さて。今回は「セクシャルマイノリティの自覚 その3」の続き的に。
恋愛対象に関することではない自分のセクシャリティの部分。

ちなみに、今回の記事に出てくる言葉の意味などに関しては、
「そもそもセクマイ=セクシャルマイノリティって何?」
の中のリンク先を参考にどうぞ。



まなとは自分のことを、いわゆる「FTX」というカテゴリに入ると思っています。
誰かに説明をする時に便利なのでこの名前を使っているだけで、
そこまでこのカテゴライズのようなことに重きを置いているわけではありません。
だからみなさんも、自分と合っているとか違うとか、そういったことは
あまり気にしないで聞いてくださいね。


まなとが自分のセクシャリティを自覚した頃には今ほどマイノリティに理解がある世の中でもなく、
自分の性に対して違和感を持っているという人たちが検索した時に引っ掛かる最も身近な言葉は
まだ「性同一性障害」だったような気がします。
下手をすれば全てがこれ、と思われてしまうような風潮。

そこからさらに数年経ってからようやく、「FTM」や「MTF」という言葉を
少しずつ見かけるようになってきました。
しかしそれでも、「Xジェンダー」という言葉はまだまだ目にすることはなく、
自分のことを調べるために少しばかり検索した時にも、FTMとMTFくらいしか
見つけられないような状況だったのです。


まず、「性同一性障害」ではないということはすぐにわかりました。
自分の体に違和感はあったものの、たとえばそれは男性っぽい格好をするということだけで
かなり軽減されていたからです。
体そのものをどうにかしたい、というほどの欲求ではなかったのです。

自分の宙ぶらりんな状態を説明する言葉を知らずに数年過ごし、その次に出逢ったのが
「FTM」という言葉。
最初は、「これだ!」と思って大喜びでした(笑)
ようやく自分のことを説明できると思って、いろんな人に言ってまわりましたよ。

しかし、またそこから数年。
世間のFTMの方たちを見ていて、これも自分とは違うのではないか、と思い始めました。
もしかしたらこの頃が、1番セクシャリティに関して思い悩んでいた時期かもしれません。
こんなにも良いと思っていたカテゴリにさえもあてはまらない自分は何と中途半端な存在だろうと、
なんだか悲しくなってしまったのです。

ただ、その頃には自分がもう大人になっていたということが大きく作用しました。
やっぱりある程度の時間を重ねてくると、自分の中での落としどころを探す能力が
自然と身につくのですね。

「『自分』を上手く表現する言葉は見つからないけれど、だからといってスタンスは変わらないし、
相方も変わらず傍にいてくれている。
それで充分じゃん」

と思えたので、また何となくで過ごして数年。

ようやく「FTX」という言葉に出逢ったのでした。


ということで。
読んでいただいた通り、まなともよくわからないまま(笑)
こんな感じでゆるーく過ごしているのです。
過ごせてしまうのです。

だから、必要以上には悩まずにいきましょう。
楽しく過ごしましょう。
だってもったいないじゃないですか。
せっかくの自分の人生なんですから。

もし悩んでいる人がいるなら。
あなたは、何も悪いことはしていないんです。
それだけは、忘れないでほしいなと思います。




悩み迷っている人が、1人でも多くここに辿り着いてくれることを願って。
もしよろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ

この記事のURL | 昔のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。