FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
同性カップルの生活費 その2
2016/07/26(Tue)
こんばんは。まなとです。

記事へのアクセス状況を見ていて、やっぱりみんな金銭的なことは気になっているんだなー
と思いました。

「愛さえあれば」なんて、本当に漫画のようなことを思っていたのは、もう若い頃の話。
追っていた夢を諦める時も辛かったけど、その後にも挫折の日々が待っていました。

みなさんの中にも無意識に「男性の方が収入は高い」という意識、根付いていませんか。

「今は女性も活躍できる社会」
「努力が足りない」

そう言われてしまえば確かにそうなのかもしれません。
昔に比べれば女性が活躍する場は確実に増えてきていると思うし、
まなとはちょっとスタンダードではない経歴を持っているので、
それを覆すだけの努力が足りない部分もたくさんあるのだと思います。

それでもやっぱり。
現実の肌感として、女性が順調に収入を伸ばしていくのって、
正直なかなか難しいと思いませんか。

無理だとは思っていません。
友人の中には、「パートナーが男性と同じくらい稼いでくれるから、自分はバイトで済むんだー」と
言っている女性同士のカップルもいますから。
でも、誰にも言えないけど苦しんでいる人たち、結構いると思うんだ。


くわえて、自分たちセクシャルマイノリティには、そうであるがゆえの苦悩も降りかかる。

みなさんにも1番わかりやすいかなと思うのが、パートナーに何かあった時。
突然の事故で、急な病気で…入院した時に、「パートナーだから」といって
男女夫婦と同じ待遇は望めない、というのが現状です。
現在は渋谷区を始めとして世の中も少しずつ変化してきているので、
それは今後を期待しています。


本当は、相方を養いたいんですよねー自分。
相方はあまり体も強くないので、好きなことをして過ごしてもらって、
ちょっとご飯とか作ってもらって(笑)、あとは帰ったらそこに相方がいる
という安心感さえあれば、まなとはそれだけで充分頑張れるんです。

でもやっぱり、難しいんですよね。
国内で法的に結婚できるわけでもないし。
そうなると、具体的な金額の部分で収入を増やすしかないんですが、
それはやっぱり一朝一夕で増えるものでもないですしね。

相方には、もうずっと待ってもらってる。
いつか一緒に安定して暮らす未来を夢見ながら、
今日も今できることを精一杯やっていくのです。



悩み迷っている人が、1人でも多くここに辿り着いてくれることを願って。
もしよろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ

スポンサーサイト
この記事のURL | セクシャルマイノリティ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
同性カップルの生活費
2016/07/25(Mon)
土日は忙しくて更新できませんでした…。すみません。

学校にも行きましたが(実は今学生じみたことをしています。これはまた別の記事で書きますね。)
その後でデートもしてきちゃいました。



2人でパフェなんか食べちゃったりして。
最近相方も諸事情で精神的に落ち着かなかったので、
久々に一緒にゆっくりできた気がします。


こんなにもデートらしいデートになっているのは、まだ相方とは同棲していないからかもしれません(笑)
会うたびに新鮮な気持ちで楽しめている、のかな。

本当は、もちろん一緒に住みたいんですよ。
住む気がないとか、ずっと一緒にいたら問題が起きるかもしれないと不安だとか、
さすがに20年くらい一緒に過ごしてくるともうそういう心配もないかな。
単純に

金銭的な問題

です。

同性の、しかも女性同士だと、正直生活を維持する収入を得るの大変じゃないですか?
みんなあまり大っぴらには言わないけど。
現実問題として、法的にも、性別的にも、色々な場面で壁にぶつかることは多いと感じています。

この話はまた、別に続きを書きますね。
本当はきっと、たくさんのカップルさんが抱えている問題だと思うので。



悩み迷っている人が、1人でも多くここに辿り着いてくれることを願って。
もしよろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ

この記事のURL | セクシャルマイノリティ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
そもそもセクマイ=セクシャルマイノリティって何?
2016/07/19(Tue)
という題名で書き始めたものの。

用語解説だとか、これはこういった定義でこうこうこうなので、こうした方がいいとか、
そういうことを書くつもりは実はありません。
そういったものが必要なら、きっとこのブログ以外に優良なサイトやブログが
今はたくさんあるからです。
ここはそういうのではないんだな。
訪問してくださる方の、ただ隣にいるような、そんな内容を書いていきたいと
思っているのです。

とはいえ。
もしも偶然辿り着いた方が悩みに悩んでここに来てしまっていたら
がっかりさせてしまいそうなので(笑)
一応1つばかし見つけたサイトをご紹介。

用語の意味や使い方なんかは、こちらとかいかがでしょう。
ちなみに、セクシャルマイノリティを端的に日本語で表記すると
「性的少数派」といった感じになります。


でもまなとは、無理に何かにあてはめる必要はないと思っているし、
詳しい用語を知っていたり記憶していたりするわけでもありません。
だからみなさんも自分を無理矢理定義することもないと思うし、
それでも何かそういった名前みたいなものがあった方が落ち着くというのであれば、
「ラッキー!」とばかりに、少し聞きかじりした言葉なんかを使ってみればいいと思うのです。

「暗黙の了解」とよく言いますが、「暗黙」だと誰も教えてくれないし、知りようもなくないですか?(笑)
まなとだって内心ドキドキしていたりしますよ!
でもほら。こうやって楽しく生きているので。

まずは正しい呼び方なんかなくてもいいので、自分のこと、考えたりしてみませんか?


悩み迷っている人が、1人でも多くここに辿り着いてくれることを願って。
もしよろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ

この記事のURL | セクシャルマイノリティ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。