FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
セクシャルマイノリティの自覚 その1
2016/07/30(Sat)
こんばんは。まなとです。

昨日はWindows10への移行に戸惑って記事がかけませんでした。(;^_^A
無償アップグレードの期限だったので、最後まで迷いに迷ってアップグレードを実行!
今のところ問題はなさそうですが、まだ1日なので(笑)何かあればぜひみなさんにも
共有していきますね。


さて。
今日は、自分がはっきりとセクシャルマイノリティだと自覚したのはいつだったかなーと、
考えていこうと思います。
そう。まなともこうしてちゃんと考えないとわからないくらいです。
だから、読者様の中でもし悩んだり迷ったりしている方がいたら、
今回一緒に「自分」を紐解いてみませんか。


「「ときめきトゥナイト」より「パタリロ!」」の記事でも少し書いた通り、まなとはかなり幼い頃から
同性同士のカップルに違和感や抵抗はありませんでした。
自分でも今考えると不思議です。
親がセクシャルマイノリティに理解がある人間でもないし、パタリロを見ていた同時期くらいに
男の子への初恋も経験していて(まなとの初恋は4歳です(笑))
女性が男性に恋愛感情を抱くということがいわゆる「普通」のことだと思っていたと思います。
あまり普通という言葉、使いたくないんですけどね…。
セクマイじゃない方にはわかりやすいと思うので、あえて使っています。

……ん?
もしかして、マライヒ(「パタリロ!」に登場する、いわゆるネコ側の男性キャラです)のことを
女性だと思って観ていたのか疑惑が、今自分の中で出てきましたが…!
(自覚なんてこんなもんです(笑)みなさんも必要以上には思い悩まなくとも大丈夫ですきっと)

まあその時は勘違いだったとしても、そのままいくつかの男の子への恋を経験して、
次にそういったものに触れたのは、意図せずまたも「パタリロ!」でした(笑)
今度はアニメではなく漫画で。
実はまなとは結構大きくなるまで体が弱いと言われていて、
何回かの手術も経験しています。
確か小学4年生の時だったと思うのですが、その時も短期間の入院をしていました。
その入院先の小児科には遊戯スペースのようなものが用意されており、
そこに娯楽の1つとして「パタリロ!」の漫画が置かれていたのです。

背表紙が見たことのある少女漫画のレーベルだったので、深く考えずに手に取って読み始めました。
この時には、バンコランとマライヒが同性カップルであることをしっかり認識していたのは確実です。
面白いと思って他の巻を買ってきてほしいと親にお願いする時に、バンコランカップルに関して
ほのかな罪悪感のようなものを感じつつ、でも漫画の中身なんか親は見ないだろうから大丈夫、
と考えながらお願いしたことをはっきり覚えているからです。

少なくとも否定的ではなかったんですね。
むしろ好意的で、もっと見たいと思っていた。
でもそれは、こっそり嗜むものだとも思っていた。
この矛盾に「マイノリティ」というものを初めて感じたのだと思います。


……あれ? これ結構長くなりそうだな(笑)
読みにくくないよう何回かに分けて書きますね。

続きは「セクシャルマイノリティの自覚 その2」で!



悩み迷っている人が、1人でも多くここに辿り着いてくれることを願って。
もしよろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ

この記事のURL | 昔のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<セクシャルマイノリティの自覚 その2 | メイン | ご協力お願いします。(。-人-。)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://scorpia1106.blog.fc2.com/tb.php/12-25c1c33a

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。